看護師の理想と復職

看護師は、人が暮らしを営む中でなくてはならない存在です。毎年のように多くの看護学生が学び、国家資格を取得するために受験しています。晴れて看護師になった暁には、引く手あまたの看護師市場から好みの病院を選んで就職することも可能な時代になってきています。
奨学金を利用した学生であれば、決まった年数を決まった病院で過ごすことになりますが、その後の看護師人生をそのまま過ごすかどうかは個人の自由になります。
希望していた診療科の看護師を目指したり、大きな病院ではなく地方の小さな病院を希望する看護師もいることでしょう。自分の思う医療の理想と近い場所で仕事がしたいと考えるのは当たり前のことですし、理想を求めて職場を変えることは決して悪いことではありません。
少子高齢化が進む日本で、看護師の雇用は延々と安定した水準を維持しています。むしろ、人材不足を叫ぶ病院も多く、資格を眠らせている看護師の復職をどうにか促せないかと各病院ごとに様々な努力や取り組みを行い、安定した数の看護師の確保に努めているところもあります。結婚や出産で休職中の看護師が、復職しやすい環境が整いつつあるのはそのためです。
長く資格を眠らせていたとしても、復職に関してはしっかりとしたサポートを設けている病院も多く、気負わずに復職を考えることも出来るようになって来ています。
今後も雇用に関してはなんの陰りも見えない看護師は、日々、多くを学び求められる看護師になれるよう努力することが大事なんではないでしょうか。